海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外にスマホを持っていく際に多くの方が心配するのが、後から高額請求が届かないかということです。

海外でのスマホ利用は、通信料も通話料も国内とは事情が異なり、ニュースなどでも海外でのスマホ利用によって高額な請求書が届いたというケースも少なくないからです。特に海外旅行初心者の方、まだビジネスの海外出張に慣れていない方などはその夜に考えられるのではないかと考えています。

今回の記事では、海外でのスマホ利用時の高額請求が気になる方に、高額請求が届く理由とその対策方法について解説します。

1.海外でスマホを使用すると高額請求が届く?

海外でスマホを使用すると高額請求が届く?

海外で電話を利用すると、通信料が高いイメージがあるかもしれません。実際のところは、プランや設定さえ気を付ければ必ずしも高額請求が届くわけではありませんが、確かに料金が高額になってしまうケースがあります。高額請求が届くパターンについて紹介します。

パターン①データ通信料

スマホのローミングサービスを利用すると、海外でもインターネット通信をすることができます。
しかし、海外でインターネット通信をした分はデータ定額プランの対象外になることに加え、海外でのパケット使用料は非常に高額です。1MBあたり約2,000円の料金がかかるため、1日普段通りLINEやWebを使用しただけで請求額が数万円となることも珍しくありません。

海外のデータ通信料が高額であることを忘れて何の対策をせずにインターネット通信をしたり、アプリの通信をしたりしてしまうと、高額請求が届いてしまいます。

また、海外にスマホを持っていく際に注意したいのが、アプリの自動更新や通信です。
自分自身ではインターネット通信をしていないつもりでも、スマホは最寄りの基地局の電波を自動的に拾って通信するため、待ち受けの状態でもインターネット通信を行っている可能性があります。

パターン②通話料

海外のスマホ利用料が高額になる2つ目のケースは通話料です。

電話発信の際には、国内の通話料金ではなく国ごとに決まった通話料が課金されます。

例えば、ドコモのスマホをアメリカで利用する場合は以下の通話料がかかります。

  • アメリカ→アメリカ:125円/分
  • アメリカ→日本:140円/分
  • アメリカ→他の外国:265円/分
  • SMS送信:100円/通
  • 着信:175円/分

特に注意をしたいのが着信時の料金です。国内の場合にはコレクトコールを除いて着信でお金がかかることはありませんが、海外の場合は電話を受けるだけで料金がかかるので、注意が必要です。

2. 海外スマホの高額請求防止法

海外スマホの高額請求防止法

海外でスマホを利用する際の高額請求を防ぐ方法について解説します。

高額請求対策①海外用のデータ定額プランを利用する

高額請求対策の対策の一点目は、海外用のデータ定額プランを利用することです。

ドコモau、ソフトバンクの3社は、海外用のデータ定額プランを設けています。これらのプランを利用すれば、海外のパケット料金が定額制になるため高額請求の危険を対策できます。

海外用のデータ定額プランについては「海外でスマホの「パケット定額」は使える?メリットや注意点」で詳しく解説しています。

高額請求対策②通信制限+Wi-Fi

高額請求を確実にストップするには、機内モードの設定やモバイルデータ通信のオフなどインターネット接続に制限をかける方法もあります。制限を書けてしまった場合、インターネットやアプリの通信が利用できなくなってしまいますが、Wi-Fiを活用することでその不便を解消することも可能です。

Wi-Fiの利用方法は、ホテルや飲食店などのフリーWi-Fiを利用する方法と、ポータルブルWi-Fiを利用する方法があります。
フリーWi-Fiに関してはセキュリティ面にやや不安があるため、用途や状況に注意・配慮しながら利用するか否かを考えましょう。

ポータブルWi-Fiは、スマホの海外用データ定額プランよりも安い料金設定になっていることが多いので、コスト面を考えれば非常にメリットがあります。

高額請求対策③レンタルスマホを活用する

海外向けのレンタルスマホを活用する方法もあります。

レンタルスマホは、事業者ごとに渡航先や用途によって様々なプラン設定があるので、通話料・通信量ともに削減できる可能性があります。

レンタルスマホについては「海外用スマホレンタルのメリット・デメリット+事業者紹介」で詳しく記載しているので、ぜひ参考にしてください。

3. まとめ

海外では、日本国内のパケット・データ定額が適用されません。そして、通話料、通信料ともに国内で利用する時よりも高額になってしまうため、何も対策をせずに海外でスマホを利用すると高額請求が届いてしまうケースがあります。

高額請求が届かないようにするための方法をここでは3つ紹介しています。

  • 海外用データ定額プランを利用すること
  • 通信制限とWi-Fiを活用すること
  • レンタルスマホを活用すること

もちろん、渡航先での利用方法について注意することも大切です。

法人携帯にも、各キャリアが提供している海外でも通話し放題のプランがあります。
こちらのサイトに法人携帯について紹介されていますのでご覧になってみてくださいね!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 海外スマホは現地SIMをプリペイド式で活用すれば安心・コスパよし!

    海外スマホは現地SIMをプリペイド式で活用すれば安心・コスパよし!

  2. 海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

    【注意】海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

  3. データローミングって何?海外でスマホを使うと高いかも!

    データローミングって何?海外でスマホを使うと高いかも!

  4. 海外でのスマホ盗難予防策

    海外でのスマホ盗難予防策

  5. 海外でスマホ使うならルーターのレンタルが便利!メリットと料金相場

    海外でスマホ使うならルーターのレンタルが便利!メリットと料金相場

  6. 海外でスマホ電子マネーは利用できる?

    海外でスマホ電子マネーは利用できる?モバイル決済の動向も解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

海外スマホ

【注意】海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

海外スマホ

海外用スマホレンタルのメリット・デメリット+事業者紹介

海外用スマホレンタルのメリット・デメリット

海外スマホ

海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外スマホ

海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

海外スマホ

海外でスマホ電子マネーは利用できる?モバイル決済の動向も解説

海外でスマホ電子マネーは利用できる?