海外渡航時のスマホ設定~安全に使用するために

海外渡航時のスマホ設定~安全に使用するために

海外に渡航する際、ビジネスであってもプライベートの旅行であっても、スマホは必需品の一つではないでしょうか?ローミングのサービスを利用すれば、海外でも多くの地域でインターネット通信できます。しかしながら、海外でスマホを利用する際には高額請求にも気を付けなければならないため、スマホの端末設定が必要です。

今回は、高額請求の心配なくスマホを海外で安心に使用するための設定方法について解説します。使用目的別に設定方法を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

1.海外でもデータ通信を行いたい~世界データ定額

海外でもデータ通信を行いたい~世界データ定額

海外でもインターネット通信を行いたい方は、データローミングのサービスを利用することで海外でも国内と同じようにインターネット通信を行うことができます。データローミングを利用する際には、高額請求のリスクがあるためデータ定額の設定方法と併せて紹介します。

海外でインターネット接続するにはデータローミングを

海外でインターネット接続をする際には、データローミングという仕組みを利用します。データローミングとは、日本の通信キャリアが提携している海外の通信キャリアの通信網を利用させてもらうサービスのことです。データローミングについては「データローミングって何?海外でスマホを使うと高いかも!」で詳しく紹介しているので、参考にしてください。

データローミングはドコモ、au、ソフトバンクの従来キャリアは対応していますが、格安SIMは非対応となっている場合が多いため渡航前に確認しましょう。もし非対応の場合は、レンタルスマホやレンタルwi-fiのサービスを利用することで海外でもスマホのインターネット利用をすることができます。

高額請求予防策①海外データ定額

ドコモ、au、ソフトバンクの3社は、海外でのインターネット通信定額サービスがあります。
国内のデータ定額とは別料金設定なので1日あたり~2,980円の追加料金がかかってしまいますが、高額請求は回避できます。

設定方法は以下の通りです。

ドコモ

  • 海外パケ・ホーダイ
  • 事前申し込み不要です。国内でのデータ定額サービス(パケットパック、パケホーダイ・フラットなど)に加入した状態で、データローミングの設定をONにする。利用料は、最大1日あたり2,980円。

  • パケットパック・海外オプション
  • 事前申し込みが必要です。国内でのデータ定額サービスに加入したのちに、データローミングの設定をONにする。申し込みにはWORLD WINGへの加入も必須です。基本プラン980円/日など。

au

  • 世界データ定額
  • 事前申し込み不要ですが、あらかじめ「世界データ定額アプリ」をダウンロードしておくこととデータチャージサービスに加入しておくことが必要です。渡航先でアプリの「利用開始」ボタンを押すだけで利用できます。料金は980円/日です

  • 海外データeSIM

ソフトバンク

  • 海外パケットし放題
  • 事前申し込み不要です。ソフトバンクの「世界対応ケータイ」と「ウェブ使用料」に加入していれば、渡航先でローミングサービスの設定をONにするだけで利用できます。

高額請求予防策②アプリの自動アップデート(更新)をOFFに

アプリの自動アップデート(更新)がONの状態だと、自分自身が利用したつもりはなくてもデータ通信を行ってしまい料金が発生してしまうケースがあります。世界データ定額サービスに加入する場合でも海外は日割りの料金なので、必要性の低いデータ通信は極力行いたくないものです。

iPhoneの場合の設定は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. iTunes Store とApp Store をタップ
  3. 「アップデート」を無効に

2. 海外では通話のみ使用したい~データローミングをオフに

海外では通話のみ使用したい~データローミングをオフに

海外ではデータ通信をしない、あるいはWi-Fiスポットでのみデータ通信を利用するという方は、データローミングをオフにしましょう。

iPhoneのデータローミング設定

iPhoneでのデータローミング設定は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「通信のオプション」を「ローミングオフ」に設定

Androidのデータローミング設定

Android9.0でのデータローミング設定は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「ネットワークとインターネット」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「データローミング」をオフ(左側)にする

※あらかじめデータローミングがオフに設定されている機種もあります。

3. 海外では時計とカメラのみの利用~機内モード

海外では時計とカメラのみの利用~機内モード

海外では時計とカメラしか利用しない方は機内モードを設定しましょう。機内モードでも、Wi-Fiスポットでのインターネット通信や通信を必要としないアプリの利用は可能です。

iPhoneの機内モード設定

iPhoneでのデータローミング設定は以下の通りです。

  1. 画面を下から上にスワイプする(iPhoneXは右上から下にスワイプする)
  2. 飛行機のアイコンをタップし「機内モード」をオンにする

Android機内モード設定

Androidでのデータローミング設定は以下の通りです。

  1. 画面を上から下にスワイプする
  2. 飛行機のアイコンをタップし「機内モード」をオンにする

4.まとめ

海外に渡航する際に、高額請求の心配なく安心してスマホを利用するための方法について紹介しました。

今回紹介した情報を参考にしていただければ、海外でビジネスアプリを活用したい方、インスタグラムやFacebookに情報を細かくアップしたい方、日本のことは極力気にせずに渡航先の観光に没頭したい方、など様々な方々のニーズに合わせてスマホを活用いただけることでしょう。

スマホの端末やバージョンによって操作方法が若干変わる可能性はありますが、基本を押さえておけば問題ありません。細かな設定に迷った際にはコールセンターや携帯電話ショップなどで設定方法を教えてもらうこともできますよ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

    海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

  2. 海外でスマホの「パケット定額」は使える?メリットや注意点

    海外でスマホの「パケット定額」は使える?メリットや注意点

  3. 海外でのスマホ盗難予防策

    海外でのスマホ盗難予防策

  4. 海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

    【注意】海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

  5. 海外でスマホ電子マネーは利用できる?

    海外でスマホ電子マネーは利用できる?モバイル決済の動向も解説

  6. 海外スマホは現地SIMをプリペイド式で活用すれば安心・コスパよし!

    海外スマホは現地SIMをプリペイド式で活用すれば安心・コスパよし!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP

海外スマホ

【注意】海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

海外でスマホを安全に利用するための3つのポイント

海外スマホ

海外用スマホレンタルのメリット・デメリット+事業者紹介

海外用スマホレンタルのメリット・デメリット

海外スマホ

海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外スマホの高額請求~要因と3つの対策

海外スマホ

海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

海外でスマホの機内モードを便利に活用する方法とは

海外スマホ

海外でスマホ電子マネーは利用できる?モバイル決済の動向も解説

海外でスマホ電子マネーは利用できる?